可能性と遊ぶ

大嶋です!

ゴローと、新潟に(^^)

今日は、

僕が、最高に最高に響いた、ひすいさんのメールをご紹介させていただきます♪♪

=====

知り合いが、42.195kmマラソンにでた。

ゴール直後、へとへとで倒れこんだそうです。

一緒に走った仲間たちももみんなゴール直後は倒れこんだ。

その知り合いが1年後、今度は100kmマラソンにでた。

100kmマラソンとは文字通り、100km走らなければいけないということです。

100km走らなければいけないと思ったら、
42.195km時点は余裕で通過したそうです。

「絶対におかしい!」って思ったそうです。

だって1年前は42.195km時点で倒れてたのに!
それからそんなに練習してないのに、
100km走らなければいけないと思っただけで、42.195kmは普通に通過しちゃったというのです。

自分だけではなく、
仲間たちも42.195kmを普通に通過したというのです。
さて、ここで明治維新の話につなげさせてください。
吉田松陰、高杉晋作が大好きな僕ですが、
志士たちの中で、ズバ抜けて視野が広かったのは誰かといわれたら、
残念ながら、それは圧倒的に坂本龍馬なんですね。

あの当時、坂本龍馬だけが新しい時代を予感していたと言ってもいいくらい。

それは龍馬だけが、「動機」が違ったからだと僕は分析しています。

あの当時、志士たちは、新しい日本を作るために江戸幕府を倒そうとしていた。

倒すことが目的だった。

でも、龍馬は違う。

世界で遊びたかった。

それが龍馬の動機。
新政府の役職を決められる立場にいた坂本龍馬、でも、そこに自分の名を入れなかった。

西郷隆盛はそれに衝撃を受け、こう述べている。

「天下に有志あり、余多く之と交わる。然れども度量の大、龍馬に如くもの、
未だかつて之を見ず。龍馬の度量や到底はかるべからず」

海のような器をもつ西郷に、こんな男は見たことがないと言わしめた龍馬。
では龍馬は役職につかず何をしたかったのか?
「世界の海援隊でもやりますか」
黒船で色んな国をまわって貿易をする。

つまり、世界で遊ぶということです。

倒すことが目的ではない。

自由な世界で遊ぶことが目的だったから、

龍馬だけが42.195kmを余裕で通過したのです!
世界で遊ぶために、まずは身分制度壊しますけど、それが何か?
世界で遊ぶために、まずは江戸幕府倒しちゃいますけど、それが何か?
龍馬の動機は誰よりもポップで軽かったんです。

だから誰よりも遠くまで見えた。
Revolutionとは、自分の可能性と遊ぶこと。
夢も希望も目標も、そんなもの、そんなもの、そんなもの、
遊びながら余裕で通過しちゃてください。

=====

最高すぎます。

かなり最高です♪

“可能性を信じる”ことを大事にしてきましたが、

“可能性と遊ぶ”

…。

かなり衝撃を受けました。

龍馬兄さん最高です。

龍馬兄さんのようなリーダーになりたいです。

『Revolutionとは、自分の可能性と遊ぶこと。』

今日もワクワク全開
おもいっきり
自分の可能性と遊んで
おもいっきり
楽しんでいきましょう\(^0^)/

 

講演会の内容がチラッと見れます♪
◾大嶋啓介 チャンネル登録はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://goo.gl/zAHtNK

最新情報やキャンペーン情報、気づきや一言など
■LINE@
https://line.me/R/ti/p/%40jaq8902s
もしくは「@k.oshima」で検索

PAGE TOP