【相手が話を聴いてくれるには】

今日もワクワクさまです\(^o^)/

よっしゃ〜\(^o^)/

==========
僕は今、店長をやらせてもらっています。
何度同じことを伝えても理解しようとしない部下がいます。
大嶋さんならどうしますか?
==========

ありがとうございます。

この問題は【自立型問題解決法】を当てはめると最高です。

【問題】 何度言っても部下が理解しようとしない。

【プラス受信】

自分の行動を見直すチャンス。 相手を見て自分を振り返るチャンス。

自分が変わり見本となるチャンス。 部下の考えを知るチャンス。

チームが一つにまとまるチャンス。 まず、このプラス受信が重要です。

『問題が解決できるかどうかは、どのような気持ちで問題に立ち向かうかでほぼ決まる』

ほとんどの人は、マイナス受信する。 困った部下だと思ったりする。

【自己責任】

自分が部下の話を聴いて来なかった。

部下のいいところを観てなかった。

どうせ言っても無駄だという心構えだった。

部下を信じてあげれなかった。

疑っていた。

辞めてもらいたいと思っていた。

人の話を真剣に聴く、見本となる行動をしてこなかった。

【手段】

『まずは自分が変わる』

人の話を素直に聴いて、どんどん成長する素晴らしさを、見本となり伝えていく。

『相手をとにかく信じる』

僕自身もそうだったのですが、この問題に対して、ほとんどのリーダーは

『困った奴だと思う』 『相手のせいにする』 『力で変えようとする』

すなわち

【問題】→【マイナス受信】→【相手のせい】→【力で変えようとする、あきらめる】

そうではなく、 『相手を観て自分を振り返る』

『自分が変わり、見本となる』

そうすると、相手が話を聴いてくれるようになります。

『自分が変わり、部下の見本となり、尊敬されるリーダーになる』

超、超、超~ワクワクしていきましょう!

無料メルマガ復活!
■大嶋啓介 人間力の磨き方 登録はこちら。
http://temperament-ex.com/fx/O1CxVI

■大嶋啓介youtube チャンネル登録はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://goo.gl/zAHtNK

■LINE@
https://line.me/R/ti/p/%40jaq8902s
もしくは「@k.oshima」で検索

■大嶋啓介講演情報
http://oshimakeisuke.com/seminar/

PAGE TOP