【選手の能力を発揮させる名監督の習慣】

今日もワクワクさまです\(^o^)/

『褒める達人は、
人を伸ばす達人』

はい(^o^)/
今日の質問も熱いです(^o^)/

…………………
中学生の野球部の監督をやらせていただいています。

選手のポテンシャルは、あるのですが、
なかなか試合で、力を発揮させてやれていません。

試合になると、ミスが連発します。
大嶋さんは、メンタルトレーナーとしても、活躍をされてるのを聞きました。
試合で選手たちが力を発揮するためには、どうすればいいですか?
……………………

はい(^o^)/

最高の質問でございます(^o^)/

監督は、本当に熱い方々ばかりです。
選手のことを本気で思われています。

ですので、遠慮せずに、
おもいきって、言いたい放題書かせていただきます( ̄^ ̄)ゞ

選手のスキルを伸ばす監督と、
試合で力を発揮させる監督と、
両方ができる監督はすごいですね。

中学生や高校生は、特に、試合で、
力が発揮できるかできないかは、監督の雰囲気がものすごく重要なカギを握っています。

メンタルがすごく重要です。
選手のメンタルが下がって、力が発揮できるわけないですよね。

その選手のメンタルは、監督の雰囲気にめちゃめちゃ影響を受けるんです。

監督の雰囲気がゲームを決める。
采配よりも。

と、僕は、思います。

思い通りにならないとイライラしてしまう監督。
思い通りにならないとイライラを我慢するが顔にでてしまう監督。

思い通りにならなくても全く動じない監督。
思い通りにならないことを想定していて、
選手を元気にする魔法の言葉をかける監督。
思い通りにならないと勝ちパターンがきた\(^o^)/
面白くなってきたと逆に楽しんでいる監督。

試合中、
選手のやる気をなくす言葉をかけてしまう監督。

選手のやる気を引き出す言葉を準備している監督。

選手一人ひとりが言われて嬉しくて、力を発揮する言葉を準備して、
選手の力を最大限に発揮させている監督。

言葉の力ってすごいですね。
雰囲気って大切ですね。

面白い話を聞いたので、ご紹介します(^o^)/

…………
トミー・ラソーダという方をご存知でしょうか?

メジャーリーグの監督をやっていた方です♪

名監督といわれ、「20世紀最高の監督」にも選ばれ、

「トミー・ラソーダ賞」という、
各年の最高の監督に対して贈る賞ができたくらいの名監督さん。

ではなぜ、この監督さんがそんなに凄い監督さんだったのか?

現役時代が名プレーヤーだったのか?

答えはNOです。

メジャーの通算成績は0勝4敗、防御率6.48だった・・・

いったい何故?

それは、

「ほめ上手だったから」

といっても、

普通のほめ上手とはワケが違いますよっ!

例えばマイクという選手がヒットを打ちます。

すると監督は、

「オーケー、ナイスだぞマイク!」

と言って褒めます。

この時、マイクの表情や仕草をよーく観察して、あまり反応していなかったら、

「マイクは『オーケー、ナイスだぞ』には反応しない」とメモる。

次にマイクがヒットを打ったとき、

「マイク、お前のバットはマシンガンだな!」って言って褒め、

マイクをよーく観察し、マイクが嬉しそうな反応をしていたら、

「『お前のバットはマシンガンだな!』はマイクにウケる!」

とメモる!

この繰り返しで、全ての選手のことを、

選手が褒められたい言葉で褒めていたんです!

つまり選手は、

一番褒められて嬉しい言葉で褒められていたんです!!

そりゃ~選手も頑張っちゃいますよね♪

だから20世紀に誇る名監督といわれるまでになったんでしょうね♪
………………………

すごい話ですね。

一人ひとりが、褒められたい言葉で褒めてあげる。

よっしゃー\(^o^)/

楽しんでいきましょう\(^o^)/

無料メルマガ復活!
■大嶋啓介 人間力の磨き方 登録はこちら。
http://temperament-ex.com/fx/O1CxVI

講演会の内容がチラッと見れます♪
■大嶋啓介youtube チャンネル登録はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://goo.gl/zAHtNK

最新情報やキャンペーン情報、気づきや一言など
■LINE@
https://line.me/R/ti/p/%40jaq8902s
もしくは「@k.oshima」で検索

■大嶋啓介講演情報

http://oshimakeisuke.com/seminar/

PAGE TOP