不機嫌な上司が会社の売上を下げる

 

 

 

こんにちは!

人間力大學事務局の加藤です。

9月に入っても毎日、物凄く暑いですね!!

今日は仲間と長野に向かっていて、朝からめちゃくちゃワクワクしてます♪

 

 

 

 

会社の業績は空気で変わる?

 

 

 

 

 

よく大嶋が講演でIBMで組織づくりもされた物凄いコンサルタントの大久保寛司先生からの学んだことで話をしますが、

会社の業績を上げるのに重要なことって何だと思いますか?

という質問をします。

これなんだと思いますか?

大久保寛司先生はこうおっしゃったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

『明るい空気』

 

 

 

 

 

 

 

とにかく明るい空気が業績を良くする。

つまりリーダーがどんな空気をつくるかが物凄い大事になってきます。

大嶋は講演で高校野球のメンタルについてこんなことを話しています。

 

『色んな方たちからなんで大嶋さんがメンタルに入るとこんなに簡単に甲子園にいけるのか?って言われるんですけども、

ホントに言うと簡単なんですよ。

なぜなら監督の空気が変わると試合の結果が変わるからです。

もう面白いぐらいに変わるんです。

なぜなら監督がイライラしている人たちが多いんですよ。

監督がイライラしている人たちが多いので、本来の力が発揮できていないんです。選手が。

だから選手の力を発揮するのは、もう監督の空気が変わるだけで、面白いぐらい試合が変わるんです。

それを僕は監督に本気で向かい合って、監督に僕よく「どうやったら甲子園にいけるのか教えてくれ」って言われるので、

「はっきり言っていいですか?」って、「監督がベンチからいなくなったらいけます」っていうんですね(笑)』

 

 

 

これは会社も同じことですよね!!

しっかりと意識していきたいですね♪

 

 

 

 

 

大嶋が空気について話している動画はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

株式会社プロセミ

加藤昌人

PAGE TOP