どん底から這い上がる考え方

どうも、ムネです!

 

 

今日は、

どん底から這い上がる考え方

について話していきます。

  

 

ベストセラー作家の

ひすいさんが本の中で

紹介していた内容でもあります。

 

 

 

この考え方を知っておくと、

どん底が悪いことだと感じなくなります。

 

 

落ち込んでしまった時の、

立ち直りが早くなります。

 

もし、あなたじゃなくても、

周りの人で勇気づけたい人がいる時には、

ぜひこの話をしてみてください。

 

それではいきます!

 

 

 

 

 

 

ディズニー映画では、

脚本を作る時に、あるルールがあるそうです。

 

このルールがすごく面白いんです。

 

これこそが、世界中を魅了して、

感動を与えるディズニー映画の世界観を

作っている核にもなっています。

 

これだけ世界的な大ヒットを連発している

ディズニー映画です。

 

つまり、言うなれば、

ここを理解していると、

世界中の人がファンになる要素を

理解できるとも言えますね。

 

なんだと思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

それは、

 

主人公をどこまで不幸にするかを

決めるんだそうです。

 

それが、ギャップになって、

よりクライマックスが引き立ち、

主人公の成長に感動し、心を打たれる。

 

これがあるかどうかで、

人としての魅力が変わり、

これがあるからこそ、

人は共感する。

 

つまり、

もし今マイナスな状況に追い込まれていたり、

落ち込んでいるとしたら、

それがこれからV字回復する、

大成功した時とのギャップになり、

人を魅了するあなただけの体験談になるんです。

 

ディズニー映画の考え方は、

 

最も困難が起きる人の事を主人公

最も困難が起きない人の事を通行人

 

と考えてるんですね。

 

 

あなたにしかわからない失敗体験や、

悔しい思い、情けない感情、落ち込む体験が、

あると思います。

 

もしかすると、助けてくれる人、

励ましてくれる人がまだ現れてない場合するあるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、その体験は、

これからあなたがすごくすごく活躍する未来の為の、幸せを沢山得る直前の、

 

貴重などん底体験かもしれません。

 

あなただけの、魅力の種かもしれません。

 

うまくいかない経験は、

あなたの魅力に変わります。

 

周りの人が、あなたから感じる、

人生の厚みに変わります。

 

 

ぜひ一緒にここから這い上がりましょう。

一緒にこの悔しさをバネにして、

あなただけの感動ストーリーにしてしまいましょう。

 

 

 

今日も最後まで聞いてくれて

ありがとうございます。

PAGE TOP