尊敬されるリーダーの「部下の叱り方」

どうもムネです。

今日は大嶋啓介さんから学ばんせてもらった、

「部下の叱り方」です。

 

僕はてっぺんの店長の時に、

この叱り方が本当にわからなくて、

 

部下に嫌われてしまうんじゃないか?』

と考えたり、

 

つい感情任せで怒ってしまったりと、

全然うまくいきませんでした。

 

 

実は、大嶋啓介さんも、

本当に同じことを悩んできたそうです。


大嶋啓介さんは、

うまい叱り方というのは、自分はよくわからないし、

それはあくまで手法の話だから、気にしなくていいと思うよ。

と言ってくれました。

 

その時に教えてもらったのが、

 

重要なのは、

叱り方どうこうではなくて、

『相手にしっかりと尊敬されているか?』
が大切なんだそうです。


誰かをあごで使ったり、偉そうにするのではなく、

 

『指示する前に、支持されるリーダーになる』

ことが全てなんです。

 

尊敬できない人間に怒られたり、叱られたりしても、

全くもって伝わらない。

 

むしろ、褒められても、伝わらない。

 

そんなはずなのに、

全く同じような怒られ方、叱られ方をしても、

 

いや、むしろ、

もっと頭ごなしで、怒鳴られたとしても、

尊敬できる人だと、

素直に受け入れられて、反省しながら聴ける。

 


まずは尊敬されるリーダーになる。

 

 

大嶋啓介さんが、

創業前に修行していた

かぶらやグループの岡田社長という方がいます。

 

 

大嶋啓介さんは、

その岡田社長にすごく怒られた時も、

嬉しかったそうです。

 

 

なぜなら、

岡田社長のことが大好きで大好きでたまらないから。

 

岡田社長からなら、怒られた時も、

「自分のことを真剣に考えてくれてるんだな。」

と嬉しくなったそうなんです。

 

そして、岡田社長のように、

大尊敬されて、

部下から愛されるリーダーの特徴は、

 

 


『決断している人』 『与えている人』

そして、

『本気の人』

 

 

つまり、

『何を言われたか?ではなく、誰に言われたか?』

が重要なんですね。

 

 

叱るのは、尊敬されてからにせよ。

 

 

今日も最後まで、

聞いてくれてありがとうございます。

 

 

PAGE TOP