夢との向き合い方

どうもムネです!

 

今日は大嶋啓介さんから教えてもらった、

夢との向き合い方について、

お話ししていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも『夢』ってなんでしょう?

大嶋啓介さんいわく、

『夢』は自分が『なりたい状態をイメージして形にしたもの』

と教えてもらいました。

 

もちろん、

なりたい状態は人それぞれ全く違うので、

イメージはあくまで自分なりの形で構いません。

 

つまり、夢という言葉の意味は、

人それぞれで捉えて大丈夫ということです。

 

また、

自分の夢がまだはっきりしていなくても、

 

『自分が将来、どんな状態になりたいのか?』

『これからの未来、どんな人間になりたいのか?』

『自分は今後、どんな人と一緒に居たいのか?』

 

 

それを文章にして書き残し、

ワクワクしながら毎日見つめてみてください。

 

 

 

 

 

 

それだけでも、夢が明確になったり、

自分の理想の状態がくっきりと鮮明になってきます。

 

そして、

ワクワクしながら夢を語り合う仲間を少しずつでもいいので、

たくさんつくっていきましょう。

そうすると、

夢がさらに明確になってきます。

 

これは、大嶋啓介さんから

教えてもらった近道でもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

夢がない時は、目の前のことに一生懸命になったり、

周りの仲間を応援する。

 

 

 

そうすると、

自分の得意なこと、必要とされること、

自分の好きなことが見えてくる。

 

夢を持つと、人生が変わる。

夢を持つと、人は輝く。

 

 

 

 

 

 

 

 

夢は自分がどんな状況にあっても、

自由に描くことができる。

 

人はどんな人でも、

無限の可能性を持っている。

 

僕は、大嶋啓介さんにそう教えてもらいました。

 

ぜひ、

自分で自分の可能性を信じてあげて下さい。

自分の可能性を信じたとき、

ワクワクする夢が描けるはずです。

 

一緒に夢を描いて、

夢を目指すことで成長できる、

素敵な仲間に囲まれる人生にしていきましょう。

 

 

今日も最後まで聞いていただき、

ありがとうございます。

 

 

PAGE TOP