ポジティブになる方法

どうも!ムネです。

 

いきなり質問なんですが、

あなたはどちらかというとポジティブですか?

それとも、どちらかというとネガティブですか?

 

また、

ネガティブな人にお聞きしますが、

ポジティブになりたいですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、ポジティブになる方法、

心の状態をプラスにすることの重要性について話していきます。

 

最後まで聞いていただければ、

ポジティブになれる方法がわかりますし、

ネガティブモードに陥っても、

はやく脱出できるようになります。

 

それではいきます!

 

 

 

 

まずは、結論からお伝えすると、

「言語・動作・表情」をプラスにすると、

心の状態をプラスにして、ポジティブ思考になることができます。

 

よくわからないと思うので、

詳しく説明していきますね!

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも、

まず、なぜポジティブが大事かというと、

心がプラスな状態の方が、うまくいくことが多いから。

その心の状態が、成功するために大切なことだからです。

 

ちなみに僕は、

このプラス感情やポジティブの重要性について、

西田文郎先生、大嶋啓介さんから教わりました。

 

 

 

 

 

 

人の心のメカニズムとして、

『心→行動→結果』

というメカニズムになっています。

 

心で捉えたこと、解釈したことが、

行動に影響を与えて、それが結果になる。

 

心は行動をつくり、行動は結果をつくる。

 

人と違う結果を作りたいなら、

人と違う行動を意識する。

人と違う行動をとる人は、

人と違う心や考え方をしている。

 

心=行動=結果

A = B = C

 

つまり『心の状態=実際の結果』なんです。

 

 

心の状態がプラスの時(ワクワク状態の時)、

行動も結果もプラスになりやすい。

 

逆をいえば、

 

心の状態がマイナス状態の時は、

行動も結果もマイナスな結果になりやすい。

 

 

 

 

 

 

 

 

甲子園に三年連続で、

決勝進出を果した駒大苫小牧高校の選手達も、

『ワクワク状態をつくるトレーニング』を実践されています。

 

マイナス感情になった時に、3秒でプラス感情に切り換える

というトレーニングです。

 

 

 

 

 

 

大嶋啓介さんが創業した

「居酒屋てっぺん」では、

それが『本気の朝礼』という形の能力開発メソッドになっています。

 

 

 

てっぺんの『本気の朝礼』では、

「プラスの言葉・プラスの動作・プラスの表情」をつくることで、

一瞬で、最大限にプラスの心の状態に切り替えます。

 

この心の状態が、お店の雰囲気をつくり、

また、サービスや料理に大きな影響を与えます。

 

 

ワクワク状態こそが、

お店の結果、はたまた働くスタッフの人生の結果に大きな影響を与えます。

 

 

大袈裟に聞こえるかもしれませんが、

この結果の積み重ねが、人生なので、

心の状態が変われば、人生が変わります。

 

人生に大きな影響を与えると聞くと、

どきっとした人もいるかもしれませんが、

 

ご安心いただきたいです。

 

なぜなら、

このポジティブ思考や、プラスの心の状態は、

生まれ持ったものではなくて、

積み重ねでできた概念なので、

後天的に書き換えることができます。

 

 

「プラスの言葉・プラスの動作・プラスの表情」

を繰り返すことによって、

心の状態がプラスでいることに慣れてきます。

 

積み重ねることで、

プラス感情が条件付けされていくからです。

 

 

『心の状態=実際の結果』

ワクワクする秘訣は、言葉、動作、表情です。

 

最後に西田先生の言葉をご紹介します。

『成功するからワクワクするのではなく、ワクワクしているから成功する』

 

 

今日も最後まで、聞いていただきありがとうございました。

PAGE TOP