日本一の繁盛店をつくる方程式

どうもムネです!

僕はもともと、居酒屋てっぺんで

6年半働いていました。

 

三重県のてっぺん桑名店で、

店長をしていたのですが、

なかなか繁盛店が作れずに苦戦していました。

 

 

 

 

 

 

 

その時に、大嶋啓介さんが、

僕に話してくれた話が、今でも印象に残っています。

 

 

大嶋啓介さんから学ばせてもらった、

『日本一の繁盛店をつくる方程式』を

お話しさせていただきますね。

 

 

この考え方は、

飲食店をやっていなくても、

自分のビジネスをしていなくても、

 

人生の大切なことがギュギュッと詰まった

『物事の捉え方』

『最高の人生の作り方』

でもあります。

 

なので、ぜひ最後まで、聞いて行ってください。

 

 

その方程式とは、結論からお伝えすると、

 

『本気』です。

 

 

おいおい、根性論かい~!

とツッコミたくなると思います。

 

 

ですが、

本題はここから。

 

 

ここから、

大嶋啓介劇場が開幕します。

 

 

 

 

 

 

 

大嶋啓介さんの

日本一へのプロセスが半端ないです。

 

 

 

そのプロセスが、

 


決断:本気で決める

検索:本気で探す

模倣:本気で真似る

継続:本気でやり続ける

 

です。



決断:本気で決める


まずは何がなんでも『日本一になる』と本気で決断します。

 

この決断がなければ、日本一を目指す過程で、

出てくる困難に折れてしまいます。

 

町一番の繁盛店でもいいや~

と心のどこかで思ってしまうと、

目の前の困難な状況を乗り越える必要がなくなってしまう。。。

 

ですので、

その決意が何より『日本一』であること。

 

 

そして『何の日本一を獲りにいくか?』を明確に決めてください。

 

それは、

 

笑顔日本一のお店でもいいです。

客単価日本一のお店でもいいです。

 

ドリンクスピード日本一。リラックスできるお店日本一。

なんでもいいと思います。

 

まずは、決めることです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


検索:本気で探す

次に目指す日本一が決まれば、

今、その日本一はどこのお店なのか?を探します。

 

検索です!

それは、飲食店に詳しい先輩方に聞くでも、

飲食雑誌で調べるでも、

ビール業者さんに教えてもらってもいいと思います。

WEB検索でも探せるかもしれないです。


そして全員でそのイメージや、詳細を共有する。

 

全員がワクワクしまくるまで、イメージを共有していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 


模倣:本気で真似る


そして、徹底的にベンチマーク。

 

研究して研究して、

これでもかというぐらい学び、真似る。

 

『学ぶ』の語源は実は、『マネル』です。

 

ちなみに、大嶋啓介さんは、

空間はこのお店。接客はこのお店。

料理は、全国の繁盛店の看板メニューをかき集めて真似しました。

 

空間は、真似したいお店に

店舗デザイナーさんを紹介してもらって、

施工してもらいました。

 

全国の看板メニューは、

社員メンバーを何人か選出して、

真似したい繁盛店に送り込んで、

自分はアルバイトメンバーとお店を回して、

研究したそうです。笑

 

 

こんなこと、

 

最初に『なにが何でも日本一になる!!』と

決断していないと思いつきもしませんよね。笑

 

これぞ、決断の大切さ!


大嶋啓介さんは、

理想を言うと、出来ればベスト5(5社)から徹底的に学ぶ。

 

と言っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は、、、

 

 

継続:本気でやり続ける

 

決してあきらめず、投げ出さず、本気でやり続ける。

 

あきらめずやり続ければいつか『日本一』になる。


『やると決めた人には必ず方法が見つかる』
『本気の人には、人が集まり、本気の人に心が動く』

 

そのやり続ける姿勢に、

ひたむきさに、みんなが動かされる。

 

と言っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お店のチーム全員が本気で日本一を目指す!


一人一人の本気が、

ありえないような奇跡を起こす。

 

一人一人の本気でまさかが起きる。

 

そんなまさかの積み重ねが世の中を変えるような、

大繁盛店をつくる。

 

どうでしたか?

 

僕はこの話を聞いた時に、なんだか泣けてきました。

 

「まだまだ自分はもっとできることがあるな~」

 

って反省しました。

 

 

何かフツフツと湧いてくるものがあると嬉しいです。

 

最後まで聞いてくださって、ありがとうございます。


あなたのチャレンジすることに、

今日の話が少しでもお役に立てれば嬉しいです。

 

 

 

PAGE TOP